PROFILE
ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
RECENT COMMENT
LINK
OTHERS
chibiraの本棚
いらっしゃいませ!
参加してます
参加してます
参加してます
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
昔は細かったのに、っていうのは主婦の戯言よね。
でも、痩せたいとは思ってるの。

読めば書きたくなる感想文は、人には言えないBL。
BL小説はブクログさんにお世話になっています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    2020.02.07 Friday * * - * - cc
    麻生 ミツ晃
     「ティアドロップ」
    本来は、あまり好みの絵柄ではないけれど、そのお話が好きになると「このお話にはこの絵しかない!」って思うところが不思議だ。
    容姿に恵まれ、社会的にも充分大人である剛毅。
    ただ、大人であるからこそ自分の持っている傷を抑えて、隠して生きていける。
    「心をみせるな」と折檻される少年時代の自分を。
    それが、苦しくないはずがない。
    人生経験においても、もちろん年齢的にもまだまだお子様である悠介。それは、素直さであったり一所懸命さであったり。
    剛毅は、自分に無いそれに惹かれている。そして、自分が変われたと言う。
    気持ちをぶつけていく悠介と受け止める剛毅の関係は、剛毅の余裕にみえるが、案外悠介に救われてる剛毅の心がお話の主軸になってるところが、大人な読み物に仕上がってていい。

    「ティアドロップス」
    剛毅の友人で、取引相手でもある峰井に対しての言動を、失礼だったと頭をさげる悠介のシーンが絶品。
    彼の精神的な成長を感じさせる。




    0
      2011.01.20 Thursday * 22:14 * BL * comments(0) cc
      << 池田 さとみ | main | ハナ※フェア2011 >>
      スポンサーサイト
      0
        2020.02.07 Friday * 22:14 * - * - cc
        COMMENT